チタンの溶体化(固溶化)

金属熱処理ソリューションの田中です。
最近はチタンの溶体化(固溶化)試作のお問合せが
増えていますが、金属熱処理ソリューションでは受託加工を承っております。

真空熱処理炉や高周波誘導加熱で可能です。
真空炉において窒素ガスを嫌われる場合、
アルゴンガスなど不活性ガスの選定が可能です。

高周波誘導加熱では長尺丸棒素材での処理を得意とします。
条件設定が少し難しいのでテストピースの支給をお願いしています。

一度ご検討下さい。

金属熱処理ソリューション
http://www.ht-solution.jp

曲がりの少ない調質シャフトの製作・販売

金属熱処理ソリューションの田中です。
今回は金属熱処理ソリューションが製作・販売する
曲がりの少ない調質シャフト(丸棒材料)をご紹介します。

調質シャフトとは、高周波加熱により焼入されたシャフトを、
使用用途に応じた焼き戻しを行う事により高い強度と高いじん性を
持たせた丸棒材料です。
モーターシャフト・パイプシャフト・金型部品に活用されます。

【特徴】
 ○高い強度と高いじん性が得られる
 ○モーターシャフト・パイプシャフト・金型部品に活用
 ○用途別に硬さをHRC26~ 45の範囲の中で製作する事が可能
 ○材質も機械構造用炭素鋼、機械構造用合金鋼、ステンレス、軸受け鋼等に対応
 ○~2000mm程度まで可能。それ以上もご相談下さい
 ○歪み量目安は1000mmあたり0.1mm(振れ)以下

調質シャフト画像1

 

 

 

 

 

 

例えば以下のように工程を変更すれば
トータルコストと納期の削減、熱処理による歪みリスク回避等
に繋がり、様々なメリットが生まれます。
≪現状工程≫
材料→加工→熱処理で調質→仕上げ加工

≪ご提案工程≫
調質シャフト→仕上げ

この調質シャフトは特殊な設備で製作しており
市場には流通しておらず、オーダーメイド生産となっています。
バッチ炉、ピット炉など通常の熱処理(調質)設備では
材料が大きく歪むため製作困難といわれています。

金属熱処理ソリューションで材料から調達しての製作も可能ですし、
お客様から支給頂いた材料を調質のみ行なうことも可能です。
また、センタレス研磨にも対応しているほか、
他社製の調質シャフトや丸棒材料の矯正にも対応しています。

是非ご検討下さい。
金属熱処理ソリューション
http://www.ht-solution.jp

熱処理の外製化を試算します

金属熱処理ソリューションの田中です。
今回はお客様にて内製されている熱処理の
外製化のご提案のお話です。

ものづくりにおける熱処理の工程はニッチでマイナーですが奥が深く、
高い専門知識や人海戦術が必要になります。また、日本は世界的に見ても
電気代が高く、人件費やランニングコスト、後継者不足・育成の観点から
内製を続けるべきなのか見直しを検討されるお客様も増えています。

そこで金属熱処理ソリューションでは
各種熱処理の専門家が外製化した場合のコストの試算を行っています。
外製化することで、お客様にとっては限られた工場スペースが空き、
より付加価値の高い事業分野に特化することが可能となります。

金属熱処理ソリューションでは
単品はもちろんですが、量産でも十分コストメリットが出せる
設備を揃えていますので、一度ご検討されてはいかがでしょうか。

金属熱処理ソリューション
http://www.ht-solution.jp

歯車の刃先の欠損(焼入後)

金属熱処理ソリューションの田中です。

歯車やギア等刃先の強度を上げるために
全体(ズブ)焼入れ、浸炭焼入れ、高周波焼入れ、窒化等
様々な方法で熱処理が施されていますが、
その中でよく使用時に刃が欠損するお話をよく聞きます。
原因としては硬度が高すぎたり、
高周波や浸炭における硬化層のムラが原因であることがあります。

金属熱処理ソリューションでは
高周波は周波数の調整やコイルの工夫で、
浸炭は熱処理条件の工夫で歯車表面を均一に硬化させることが可能です。

断面を切断してみると、歯車の凸凹に沿う形で
綺麗な硬化層が作られており、
より強度の高い製品を作ることができます。

案件の使用用途に合わせて提案していますので
ギア・歯車の欠損でお困りのお客様は是非お問合せ下さい。

金属熱処理ソリューション
http://www.ht-solution.jp

スプラインシャフトの変形対策

金属熱処理ソリューションの田中です。
最近の解決事例をご紹介します。

SCM440のφ30×800mmのスプラインシャフトを
他社様でHRC54で高周波焼入れしたところ、
使用時にスプライン部が捻じれてしまい、
どのような焼入れが良いのかお問合せ頂きました。

捻じれた原因は硬化層が浅かったために(1mm程度)
高トルクによる繰り返しネジレの負荷に
耐え切れなかったと想定されます。

お客様はズブ焼入れを希望されていましたが、
繰り返し疲労強度を上げる観点で、今回は
高周波焼入れの硬化層を深くする方向でご提案し
解決することができました。

金属熱処理ソリューションでは
高周波焼入れにおける長尺シャフトを
低歪みで焼入れすることを得意とする他、
硬化層もかなり深くまで処理することが
可能です(今回は硬化層9mmとしました)。
また、製品の使用用途に応じた
最適な熱処理方法をご提案させて頂いて
おりますので、一度使用時に不具合があったお客様が
いらっしゃいましたら是非一度ご相談下さい。

070509_124140

スプライン加工されたシャフトのイメージ

 

 

 

 

 

 

 

金属熱処理ソリューション
http://www.ht-solution.jp

硬調質シャフト

金属熱処理ソリューションの田中です。

今回は硬調質シャフトのご紹介です。
高周波加熱で焼入れしたシャフトを使用用途に応じた焼戻しを行なうことで、
高強度、高靱性が得られ、主にモーターシャフト、パイプシャフト、
金型部品に活用されるシャフトです。ラインナップは以下の通りです。

【対応材質】
構造用炭素鋼(S40C、S45C、S50C等)
構造用合金鋼(SCM440等)
軸受け鋼  (SUJ2等)
ステンレス鋼(SUS420J2等)

【対応硬さ】
HRC26~45の範囲で任意にご指定下さい。

【対応サイズ】
径 :φ2~φ125mm
長さ:500~3000mm

お問合せは金属熱処理ソリューションまで。

金属熱処理ソリューション
http://www.ht-solution.jp

焼入れシャフトのご案内

金属熱処理ソリューションの田中です。
今回は焼入れシャフトについてご案内します。

【焼入れシャフトとは?】
素材からの矯正→焼入れ・焼戻し→歪み矯正→検査の工程を
社内一貫で行なう、低歪み焼入済シャフトです。
金属熱処理ソリューションではこちらの製作、販売を行なっています。
シャフトは長尺の状態で焼入れ済ですので、
生産性を高める他、任意の長さで切断、加工することで、
工程短縮コスト削減に貢献する製品です。
外形を研磨することで、ニードルローラー、
ミニチュアストロークシャフト、ミニチュアボールネジ等にも
活用でき、幅広い産業機械部品に適用可能です。
定番品はφ2~6×2000mm(SUJ2やSUS420J2)ですが、
ご要望に応じてサイズ変更、材質変更は可能です。
小ロットでも対応しますので是非お問合せ下さい。

現在,難加工技術展2014&表面改質展2014へ出展中です。
お誘い合わせの上是非お越し下さい。
日 時:2014年7月2日(木)、3日(木)、4日(金)
場 所:ポートメッセなごや(名古屋市港区金城ふ頭2-2)
ブース:S-05
http://www.nikkan-event.jp/nh/

 

金属熱処理ソリューション
http://www.ht-solution.jp

金属熱処理ソリューションとは?

こんにちは。金属熱処理ソリューションです。

今回は金属熱処理ソリューションとはどのようなものなのかご説明いたします。

 

「金属熱処理ソリューションとは」

各種熱処理分野のプロフェッショナルである企業の共同体です。

熱処理はニッチで職人的で閉鎖的な業界といわれますが、私たちは各企業の技術をオープンにし組み合わせることで、単独企業では思いも付かなかった発想が次々と生まれ、熱処理トラブルの解決力に繋がりました。

まさに~熱処理の輪は無限の可能性~です。

共同体であるからこそ成し得たこの解決力を活かし、幅広い熱処理のトータルサポート体制を構築。歪みや割れ等、お客様の熱処理に関わるあらゆるお困り事にワンストップで迅速に解決できると確信し、金属熱処理ソリューションを設立しました。

これは業界でも画期的な取り組みで、単一の熱処理を扱う企業それぞれに都度問い合わせるよりも、安心と利便性の面から大きなメリットがあるといえます。お客様のより良い製品作りに少しでもお役に立てれば幸いです。これからお付き合いの程よろしくお願い致します。

金属熱処理ソリューション  http://www.ht-solution.jp/

 

金属熱処理ソリューションホームページ

みなさんこんにちは。金属熱処理ソリューションです。

ホームページを立ち上げました。 http://www.ht-solution.jp/

ホームページでも「解決事例」を掲載していますが、

新しく解決事例を追加する際は、こちらのブログにて紹介

していく予定です。 随時更新 していきますのでお楽しみに。