熱処理時の製品同士のくっつき、接合を防ぐ方法

金属熱処理ソリューションの田中です。
SUSの固溶化や焼入れ時に製品同士がくっついて不良になったことはありませんか?
温度、保持時間、表面状態、圧力、形状、真空度等
様々な要因が絡んで製品同士のくっつき(拡散接合といいます)が発生します。
金属熱処理ソリューションでは対策案を各種蓄積しているため、
お客様の案件に応じて最適な条件設定をお手伝いします。
くっつきでお困りのお客様は是非お問合せ下さい。

金属熱処理ソリューション
http://www.ht-solution.jp

酸化処理試験承ります

金属熱処理ソリューションの田中です。
当社では真空炉内に入れた密閉容器内に金属材料を投入し、
酸素、窒素、アルゴン、水素等の任意のガスを
任意の流量で管理し、
任意の温度に設定することが可能です。

これによりいくつか条件を振ることで
材料表面に起こる化学反応の程度を段階的に差異を設けることが可能です。
ご興味あられましたら一度お問合せ下さい。

金属熱処理ソリューション
http://www.ht-solution.jp

無電解ニッケルメッキのベーキング処理承ります

金属熱処理ソリューションの田中です。
無電解ニッケルメッキ後にベーキングを行うことで
硬度UP(耐摩耗性向上)や、密着性の向上が可能です。
弊社では真空炉を使用するため、
表面が清浄な状態で仕上げることが可能です。
一度お問合せ下さい。

金属熱処理ソリューション
http://www.ht-solution.jp

真空洗浄承ります!

金属熱処理ソリューションの田中です。
2021.4より操業予定の㈱メタルヒート能登工場にて
高性能な真空洗浄機を導入します。


有効寸法□780×1350mm
炭化水素系洗浄液
使用温度100~120℃
浸漬方式、シャワー方式両方に対応するため、
従来のシャワー式では洗浄しきれなかった加工油や、
カップ形状の金属部品等、一度お試しください!

 

金属熱処理ソリューション
http://www.ht-solution.jp

有効硬化層深さ測定承ります

金属熱処理ソリューションの田中です。
浸炭や高周波焼入れの有効硬化深さを承っています。
他社様で処理された製品でも可能です。

JISに準拠すると浸炭と高周波では基準が異なるため
それぞれに合わせた測定を行います
セカンドオピオンとしてご活用下さい。

金属熱処理ソリューション
http://www.ht-solution.jp

チタンの陽極酸化承ります

金属熱処理ソリューションの田中です。
チタンの陽極酸化を新しく承るようになりました。

陽極酸化の特徴として、薄い酸化被膜を生成させての発色方法です。
見る方向で色調が変わり、チタンの下地肌が見えるため
塗装で出せない色となります。グラデーションも可能です。
またチタンの機械的特性が変わらず、耐候性や質感も良好です。

試作どちらも対応可能です。

ご希望の色をお問合せ下さい。
以前ご紹介した加熱による金属着色:「青、黒、茶のまだら模様」
も引き続き承っています。
こちらの適用材質は主にSS400やS45C等の炭素鋼、
SCM等の構造用合金鋼(クロモリ)となります.

金属に加熱(熱処理)で着色させる


金属熱処理ソリューション
http://www.ht-solution.jp

金属の加熱着色の適用鋼材

金属熱処理ソリューションの田中です。
以前こちらで紹介した加熱による金属着色についてですが、
「青、黒、茶のまだら模様」を付けたい場合、
適用材質は主にSS400やS45C等の炭素鋼、
SCM等の構造用合金鋼(クロモリ)となります。

まだら模様の着色は酸化膜によるもののため、
SUSやSKD、SKH等の高合金鋼は耐食性が高いことが
影響し上手く着色しませんのでご留意下さい。

金属熱処理ソリューション
http://www.ht-solution.jp

PC棒鋼の熱処理承ります

金属熱処理ソリューションの田中です。
PC棒鋼、PC鋼棒、PC鋼材、鉄筋鋼棒の熱処理を承ります。
熱処理は全体(ズブ)焼入や、高周波焼入を用いますが、
金属熱処理ソリューションでは高周波焼入をおすすめ
しています。細径の対応業者がない、歪を抑えたいなど
お困りごとがございましたら一度お問合せ下さい。

※熱処理のみの対応となるため。
材料はお客様に支給頂く形となります。

金属熱処理ソリューション
http://www.ht-solution.jp

温度分布測定承ります!

金属熱処理ソリューションでは。
データロガーを使用した熱処理炉内の
温度分布測定サービスを行っています。

データロガーとはセンサ(熱電対)で
温度を計測・収集する機器で、
真空炉、浸炭炉、ソルトバス炉等お持ちの
企業様向けに温度測定データを提供します。

炉によってはリアルタイム計測も可能なため
温度を確認しながら加熱温度の調整、
ヒーターの調整、熱処理条件プログラムの見直しが行なえます。

各炉メーカー様は空炉時の温度の保証は行なっていますが、
製品を投入した際の実温は測ってみないと分かりません。
最大10カ所の測定が可能なため、
熱回りが心配される箇所を測ったり、
投入製品にセンサを取り付けて測ったり、
熱処理の品質保証にお役立て下さい。

金属熱処理ソリューション
http://www.ht-solution.jp

SUS固溶化承ります

金属熱処理ソリューションの担当の田中です。
最近はステンレスの固溶化のお問合せが多く、
実績としても日々多くの処理を行っています。

SUS304、316等のオーステナイト系ステンレスの固溶化
SUS420、440等のマルテンサイト系ステンレスの焼入れ
SUS630、631等の析出硬化系ステンレスの固溶化+時効処理

ステンレスは種類が多く、
それに合った熱処理も多岐に渡るため
扱いにお困りのお客様は是非一度お問合せ下さい。

金属熱処理ソリューション
http://www.ht-solution.jp