温度分布測定承ります!

金属熱処理ソリューションでは。
データロガーを使用した熱処理炉内の
温度分布測定サービスを行っています。

データロガーとはセンサ(熱電対)で
温度を計測・収集する機器で、
真空炉、浸炭炉、ソルトバス炉等お持ちの
企業様向けに温度測定データを提供します。

炉によってはリアルタイム計測も可能なため
温度を確認しながら加熱温度の調整、
ヒーターの調整、熱処理条件プログラムの見直しが行なえます。

各炉メーカー様は空炉時の温度の保証は行なっていますが、
製品を投入した際の実温は測ってみないと分かりません。
最大10カ所の測定が可能なため、
熱回りが心配される箇所を測ったり、
投入製品にセンサを取り付けて測ったり、
熱処理の品質保証にお役立て下さい。

金属熱処理ソリューション
http://www.ht-solution.jp

安城ものづくりコンベンション2019に出展します

金属熱処理ソリューションの田中です。
今回は幹事会社の㈱メタルヒートが地元の安城で
ものコンに出展します。

安城ものづくりコンベンション2019(ものコン)
日 時:2019年10月17日(木)~10月18日(金)10:00~16:00
場 所:東祥アリーナ安城:安城市総合運動公園(安城市体育館)
ブース:E-1
http://anjo-cci.or.jp/monocon/

真空熱処理が中心の展示となっています。
お誘い合わせの上是非お越し下さい。

金属熱処理ソリューション
http://www.ht-solution.jp

SUS固溶化承ります

金属熱処理ソリューションの担当の田中です。
最近はステンレスの固溶化のお問合せが多く、
実績としても日々多くの処理を行っています。

SUS304、316等のオーステナイト系ステンレスの固溶化
SUS420、440等のマルテンサイト系ステンレスの焼入れ
SUS630、631等の析出硬化系ステンレスの固溶化+時効処理

ステンレスは種類が多く、
それに合った熱処理も多岐に渡るため
扱いにお困りのお客様は是非一度お問合せ下さい。

金属熱処理ソリューション
http://www.ht-solution.jp

夏期連休のお知らせ

金属熱処理ソリューションの担当の田中です。
誠に勝手ながら窓口業務は以下の期間休業とさせて頂きます。
2019年8月10日(土)~2019年8月18日(日)

よろしくお願い致します。

金属熱処理ソリューション
http://www.ht-solution.jp

硬くできるチタンの材質

金属熱処理ソリューションの担当の田中です。
チタンを硬くしたいお問合せが多いのですが、
硬くできる材質とできない材質があるのでご注意下さい。

純チタン :不可
α合金    :不可
α-β合金      :時効処理により可能
β合金    :時効処理により可能

ご参考までに。
その他ご不明な点がございましたら
何なりとお問い合わせください。

金属熱処理ソリューション
http://www.ht-solution.jp

テクノフロンティア2019に出展します

金属熱処理ソリューションの田中です。
今回は幹事会社の㈱メタルヒートがモータ技術展に出展します。

TECHNO-FRONTER(テクノフロンティア)2019内 第37回モータ技術展
日 時:2019年4月17日(水)~4月19日(金)
10:00~17:00
場 所:幕張メッセ
ブース:4E-18
https://www.jma.or.jp/tf/index.html

真空熱処理が中心の展示となっています。
お誘い合わせの上是非お越し下さい。

金属熱処理ソリューション
http://www.ht-solution.jp

ボンデ被膜付部品は真空熱処理不可です

金属熱処理ソリューション担当の田中です。
あくまで「真空炉」の場合のお話ですが、
鍛造後のボンデ被膜が付いた製品は、
加熱時に成分が飛散して炉内や真空ポンプにダメージを与えるため
処理することができません。よって、
アルカリ洗浄+酸洗い等によってお客様に除去をお願いしています。
くれぐれもご注意下さい。

金属熱処理ソリューション
http://www.ht-solution.jp

医療部品向け鋼材の熱処理承ります

金属熱処理ソリューションの担当の田中です。
医療部品向けのステンレス
(SUS420J2焼入、SUS316固溶化、SUS630時効硬化、SUS430焼鈍等)
各種熱処理承ります。
処理後の着色、変色でお困りの案件も高真空の炉で
解決できるかもしれませんので一度お問合せ下さい。

単品試作から対応可能です。

金属熱処理ソリューション
http://www.ht-solution.jp

磁気焼鈍承ります

金属熱処理ソリューションの田中です。
電磁軟鉄やオーステナイト系ステンレスの
磁気焼鈍を承ります。真空熱処理を使用するため
綺麗な外観で仕上がります。

特に大ロット品に関しては
超大型の真空熱処理炉を使用するため
一括大量処理による低コスト化が可能です。

※低コスト化できる理由
一般の真空炉(炉内有効寸法□600×奥1050mm)
超大型真空炉(炉内有効寸法□1300×奥1650mm)

超大型サイズは一般サイズの約2倍設備費を要しますが
約7.8倍の体積を確保できるため、空間を満たす程、
コストメリットのある価格が提示可能となっています。
特にプレス品や鍛造品の小物部品の大ロット品に適します。

一度ご検討下さい。

金属熱処理ソリューション
http://www.ht-solution.jp